Javascript-Atom display fpga: FPGA design sources for ATOM Display FPGA

ATOM Display FPGA Design

概要

本リポジトリには、M5Stack社が製造・販売している ATOM Display に搭載されているFPGA上の論理回路のソースおよび合成手順が含まれている。

ATOM Displayに搭載されているFPGAはGOWIN社の GW1NR-LV9QN88 であり、GOWIN社から提供される GOWIN EDA ツールを用いて論理合成、配置配線、ビットストリームの生成を行うことにより、付属のテストコードと結合して、生成したビットストリームを動かすことができる。

システム構成

ブロック図

デザインのリソース使用量

----------------------------------------------------------
Resources                   | Usage
----------------------------------------------------------
Logic                       | 4971/8640  57%
  --LUT,ALU,ROM16           | 4785(3896 LUT, 889 ALU, 0 ROM16)
  --SSRAM(RAM16)            | 31
Register                    | 4081/6807  59%
  --Logic Register as Latch | 0/6480  0%
  --Logic Register as FF    | 4078/6480  62%
  --I/O Register as Latch   | 0/327  0%
  --I/O Register as FF      | 3/327  1%
CLS                         | 3824/4320  88%
I/O Port                    | 39
I/O Buf                     | 38
  --Input Buf               | 5
  --Output Buf              | 33
  --Inout Buf               | 0
IOLOGIC                     | 47%
  --IDDR                    | 16
  --ODDR                    | 36
BSRAM                       | 53%
  --SDPB                    | 7
  --SDPX9B                  | 7
DSP                         | 5%
  --MULT18X18               | 1
PLL                         | 1/2  50%
DCS                         | 0/8  0%
DQCE                        | 0/24  0%
OSC                         | 0/1  0%
User Flash                  | 0/1  0%
CLKDIV                      | 0/8  0%
DLLDLY                      | 0/8  0%
DHCEN                       | 0/8  0%
DHCENC                      | 0/4  0%
==========================================================

必要なもの

現在のところLinux環境上でのみ、リポジトリ内のビルドスクリプトの動作を確認している。 また、以下のツールが使える状態になっている必要がある。

デザインの合成

サブモジュールの取得

このリポジトリをクローンする際に --recursive を指定していない場合、以下のコマンドでサブモジュールを取得する。

git submodule update --init --recursive

Chiselデザインのエラボレーション

デザインを合成するには、まずはChiselのデザインからVerilog HDLを生成する必要がある。 以下のコマンドを実行すると、Scalaのビルドツールである sbt を起動して、ATOM Display用のデザインのエラボレーションを行い、 結果として rtl/m5stach_hdmi/video_generator.v を出力する。

  • コマンド
sbt "project atom_display; runMain system.ElaborateM5StackHDMI"
  • 実行結果
[info] welcome to sbt 1.5.4 (Ubuntu Java 11.0.13)
[info] loading global plugins from /home/kenta/.sbt/1.0/plugins
[info] loading settings for project atom_display_fpga-build-build from metals.sbt ...
[info] loading project definition from /home/kenta/repos/atom_display_fpga/project/project
[info] loading settings for project atom_display_fpga-build from metals.sbt ...
[info] loading project definition from /home/kenta/repos/atom_display_fpga/project
[success] Generated .bloop/atom_display_fpga-build.json
[success] Total time: 0 s, completed Jan 13, 2022, 4:00:10 AM
[info] loading settings for project root from build.sbt ...
[info] loading settings for project fpga_samples from build.sbt ...
[info] set current project to root (in build file:/home/kenta/repos/atom_display_fpga/)
[info] set current project to atom_display (in build file:/home/kenta/repos/atom_display_fpga/)
[info] running system.ElaborateM5StackHDMI 
Elaborating design...
Done elaborating.
[success] Total time: 5 s, completed Jan 13, 2022, 4:00:15 AM

IPの再生成

eda/ip ディレクトリにあるGOWIN IPの定義ファイルから、GOWIN IPの合成用ファイルを再生成する。

GOWIN EDAのGUIを起動し、IP Generatorから eda/ip/SDRAM_controller_top_SIP/SDRAM_controller_top_SIP.ipc および eda/ip/sdram_rpll/sdram_rpll.ipc を開き、立ち上がったウィザードでそのままOKを押す。

IP Menu

Open IP Core

Select IP Config

IP Customization

論理合成

eda/atomdisplay に移動して make を実行すると、GOWIN EDAを使って論理合成を行い、ビットストリームを生成する。

また、M5GFXにてビットストリームを取り扱うために生成されたビットストリームをRLEにて圧縮する。

  • コマンド
cd eda/atomdisplay
make
  • 実行結果
gw_sh ./project.tcl atomdisplay
*** GOWIN Tcl Command Line Console  *** 
current device: GW1NR-9C  GW1NR-LV9QN88C6/I5
add new file: "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/atom_display/rtl/m5stack_hdmi/video_generator.v"
add new file: "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/ip/SDRAM_controller_top_SIP/SDRAM_controller_top_SIP.v"
add new file: "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/ip/sdram_rpll/sdram_rpll.v"
add new file: "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/src/top.sv"
add new file: "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/src/atomdisplay.cst"
add new file: "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/src/m5stack_display.sdc"
GowinSynthesis start
Running parser ...
...
[100%] Power analysis completed
Generate file "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/atomdisplay/impl/pnr/atomdisplay.power.html" completed
Generate file "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/atomdisplay/impl/pnr/atomdisplay.pin.html" completed
Generate file "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/atomdisplay/impl/pnr/atomdisplay.rpt.html" completed
Generate file "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/atomdisplay/impl/pnr/atomdisplay.rpt.txt" completed
Generate file "/home/kenta/repos/atom_display_fpga/eda/atomdisplay/impl/pnr/atomdisplay.tr.html" completed
Thu Jan 13 04:14:21 2022

python3 ../../script/fs2rle.py impl/pnr/atomdisplay.fs impl/pnr/atomdisplay.rle

テストコードのビルドと実行

以下の手順でテストコードのビルドとATOM Displayへの書き込みを行う。

  1. ATOM DisplayをPCとディスプレイに接続する。
  2. ATOM DisplayのUSBシリアル変換器のデバイス名を調べておく。 (例: /dev/ttyACM0 )
  3. platformio.ini をエディタで開き、 upload_portmonitor_port を (2)で調べたデバイス名に変更する。
  4. test ディレクトリで make を実行する

BUILDING

ライセンス

ソースコードのうち、 src ディレクトリ以下のChiselのコード、 eda ディレクトリ以下のSystemVerilogで記述したトップモジュールは GPLv3 の元で使用できる。

GOWIN EDA のIP Generatorで生成したIPのライセンスは、それぞれのIPのライセンスに従う。

Comments